ユリ 育て方

ユリ.net

人気の記事



ササユリとは?

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


sasayuri (4)
容姿も良く人気のユリです

 

ササユリは日本固有の品種で、伊豆半島以西の本州及び四国、
九州の地域にのみに生息しています。

 

自生地は森林の外側や山地の斜面など、日光が適度に届き、
強い日差しの当たらない場所です。

 

ササユリは上品な姿からたいへん人気があるユリですが、
球根の生長が遅く病害にも弱く、翌年以降の開花が難しい、
最も栽培の難しいユリの一つです。

 

sasayuri (3)
群生していると素晴らしいです

 

■ササユリの外見

ササユリの開花期は6~7月くらいで、ユリでは開花時期は早いです。

花は短い円筒形でやや下向きから横向きに咲き、

花被片は長さ10~14cm、花径も10~14cm程度で、
淡いピンクから濃いピンクの花を咲かせます。

ごく少数ですが、白花もあります。

花数はあまり多くなく、一般的には1~3輪程度です。

ただし、生育環境が合っていれば10輪も咲かせることもあります。

雄しべは6本で葯は鮮やかな赤褐色をしていて、強い香りがあります。

 

ササユリの草丈は地域や固体による差がありますが、
50cm~150cmと幅広いです。

茎は細くてかたく、緑色で、基部が赤みを帯びています。

葉はやや厚く長楕円形で、比較的大きく、
ササユリという名前の通り笹に似ています。
葉のつき方は、互生(互い違いに生える)です。

 

葉数は他のユリに比べて少なめで、
1輪咲きの株で12~15枚の葉を、
茎の上部2/3あたりにつけます。

 

球根は卵形で、白から淡黄白色で、直径3cm程度です。
古くは食用にされてきました。

 

sasayuri (2)
動きのある形が良いですね

 

■ササユリの変種

ササユリは自生地による形態や生態の変異が大きく、
八重咲きなどいろいろな変種があります。

 

・ヒュウガササユリ
宮崎県北部と大分県南部の限られた地域にだけ、
見られる小型のササユリです。
5月下旬から開花する早咲きで、
花被片の先端が尖っているのが特徴です。

 

・ニオイユリ
紀伊半島の熊野山中に見られるササユリで、
葉が細く、草丈が高い品種です。
優美な花を咲かせることで知られています。

 

・ジンリョウユリ
徳島県の山地にだけ生育しています。
花弁の喉元が周辺部より濃いピンク色であることが特徴です。

 

・イシマササユリ
徳島県東部の海岸近くに生育し、5月下旬に咲く早咲きの品種です。
花弁の質感がよく、葉の幅が広い特徴があります。

 

・ヒロハササユリ
新潟県から山口県の日本海側に分布しています。
葉の幅が広いのが特徴で、また、花芽分化が秋から始まる珍しい品種です。

 

>>ササユリの育て方

 

タグ : 

ユリ 品種

ササユリの育て方

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


sasayuri201603

ササユリは、日本に自生しているユリの中でも、栽培難易度が高いです、
その理由は、病気にかかりやすいことと、連作を嫌うことにあります

 

 

また、種やむかごからも育てることができますが、
発芽までに時間がかかるため、花が咲くまでに、4年以上かかります。

 

育て方の基本としては、他のユリと大差ありませんが、
ササユリを育てるためのポイントがいくつかあるので、お伝えします。


 

タグ :

ユリの育て方

ヤマユリの増やし方

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


yamayuri16-02

山に咲くヤマユリ

 

 

ヤマユリなどユリを増やすのには、いくつか方法があります。

 

花が咲いた後にできる鞘から種をとって播いて育てる方法、
球根を鱗片ごとにばらして植え付ける方法、
株元にできた木子を植えて育てる方法、
複数に分かれた球根を割る方法、
球根から組織を培養して育てる方法、

 

があります。

 

いずれも生育にかかる費用や難易度が異なるため、
自分ができそうで気に入った方法を試してみるようにします。


 

タグ : 

ユリの増やし方

人気の記事