ユリ 育て方

ユリ.net

白ユリ 花言葉

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


casablanca2016-15

カサブランカ

 

ユリといえば白を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
立てばシャクヤク、座ればボタン、
歩く姿はユリの花という言葉は、美しい女性を表したものです。

ユリの花は、背丈が出やすく、長く伸びた茎の先端に花をいくつかつけます。
すらっと伸びた茎が風によって揺れ、美しく咲いている花もゆらめきます。

その様子は、確かに美しい女性が軽やかに歩いている姿のようです。
結婚式などの式典で使われることが多い、
白いユリには、どのような花言葉がつけられているのでしょうか。

 

[白ユリ 花言葉]

 

takasagoyuri

タカサゴユリ

 

■白ユリの花言葉

ユリと聞いてイメージするのは白い花でも、
実はユリには意外とたくさんの花色があります。

中でもスカシユリなどは色の幅が広く、シックな雰囲気の濃い色のものから、
ポップでかわいい明るい色のものまで、とても幅広いです。

 

そんな中、多くの品種にあるのが白です。
色幅の広いスカシユリにももちろん白花はありますし、
カサブランカ、テッポウユリ、タカサゴユリ、ヤマユリも白です。

品種によって花の形は違っていても、花色が白いだけで清楚な雰囲気が漂います。
そんな白いユリにつけられた花言葉は「純潔」「威厳」です。

 

花の隅から隅まで真っ白なユリでも、
黄色やオレンジのスポットが入っていたとしても、
やはり白いユリは純潔の言葉が合います。

深い山や森に咲いている白いユリはとても堂々としていて、
威厳という言葉がつくのが分かります。

清らかさと強さを兼ね備えている白いユリだからこそ、
この言葉がついたのかもしれませんね。

 

teppoyuri

テッポウユリ

 

casablanca2016-13

カサブランカのアップ

 

■白いユリといえば?

白いユリといえば、やはりカサブランカです。
花はとても大きく、見るからにゴージャスですが、
育てる時は日向ではなく半日陰で育てます。

 

花が大ぶりでゴージャスなものは、ユリに限らず日向を好みそうなものです。
しかし、カサブランカは、直射日光に長時間当たるのが苦手で、
特に夏場の西日に当たると葉焼けを起こしやすくなります。

真っ白で大きな花びらのカサブランカは、中心から雌しべと雄しべが伸びています。
この雄しべの先端を、開花した時に取り除いておくと、
花粉が白い花びらにつくことがなく、美しい状態のままにできます。

 

大きな花が美しいカサブランカには「高貴」という花言葉がついています。
見た目はもちろん、カサブランカは開花時にとても良い香りを漂わせます。

まさに高貴なその香りは、香りだけでも十分に酔いしれるほどです。
1本でも目立つ花は、植えて育てるのも、
ブーケとしてプレゼントするのも、どちらも素敵です。

 

■参考
・カサブランカの育て方
・テッポウユリの育て方
・テッポウユリ 地植えの植え付け 画像

 

タグ : 

ユリ