ユリ 育て方

ユリ.net

ユリ根の栽培

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


kooniyuri (1)
コオニユリ、いちばん、食用にもちいられています

 

ユリの根は、”ユリ根”として、食用にできます。
ユリのりん片には養分が蓄えられているため、
栄養豊富で、漢方にも用いられています。

しかし、多くは灰汁(あく)が多く食用に適しませんが、
灰汁が少ない品種を正月料理や高級料理として食用にしています。

日本で食用に栽培されているユリは、
コオニユリ、オニユリ、ヤマユリの3種類です。

なかでも、コオニユリの栽培が多いです。
カノコユリも食用に適していますが、
ほとんど食用には栽培されていないようです。

食用ユリはそのほとんどが北海道産で、9割以上を占めています。
そして、北海道産の食用ユリが90%で、
コオニユリの1品種である”白銀”が占めています。

日本以外では、中国でもユリ根を食用にしますが、
中国では主としてオニユリとダビディー、
という品種が食べられています。

 

yamayuri
ヤマユリも食べられます

 

■ユリ根の栽培

ユリ根の栽培には、手間と時間がたいへんかかります。

球根を植え付けてから収穫まで3年かかり、
毎年植え替える手間がかかります。

さらに、連作障害が起きないように、
一度植え付けた畑は、最低7年間は植え付けることはしません。

また、ユリ根を大きくするため、花芽(蕾)をとるため、
花を鑑賞用として楽しむこともできません。

 

yurine-kinton
ユリ根のきんとん

 

■ユリ根の食べ方

ユリ根はお正月料理として知られていますが、
それ以外でも、とても、おいしく食べられます。

ユリ根はサツマイモやカボチャなどのように、
収穫してから2~3ヶ月寝かせた方が、
デンプンが甘みのある糖分にかわっておいしくなります。

北海道産の収穫期が10月から年末にかけてですので、
お正月を過ぎたあたりがむしろ旬です。
お正月を過ぎると、値段も安くなります。

ユリ根を購入する場合は、色が白く、りん片がみずみずしく、
締まりのある品を選びます。
傷や黒っぽい汚れがないユリを選びましょう。

 

tyawanmusi (2)
茶碗蒸しにも美味しいです

 

ユリ根の調理は、りん片を1枚ずつはがして使います。
はがしたら、いったん多めの塩で塩ゆでにします。

沸騰している塩水の中に、泳がせるような感じで、
1~2分、軽く火を通します。

ゆですぎると、ユリ根の美味しさである、
ホクホクした食感がなくなるので注意します。

茶碗蒸しが最も一般的な食べ方ですが、
その他にも、煮物や素揚げもおいしいですし、
基本的に和食なら何でも合います。

変わった食べ方では、マッシュポテトのように、
裏ごししたものも、とても優しい味わいです。

また、茹でたてや、ホイル焼きにし、
熱々をバターで食べると、
じゃがバターのようでおいしいです。

 

タグ : 

ユリ根