ユリ 育て方

ユリ.net

人気の記事



カノコユリとは?

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


kanokoyuri (2)
カノコユリ、妖精のよう

 

カノコユリ(鹿の子百合)は別名ドヨウユリ(土用百合)、
タナバタユリ(七夕百合)とも呼ばれ、九州西部や四国南部、
台湾北部、中国・江西省に自生しているユリです。

現在は自生地の減少が著しく、
環境省のレッドリスト登録されている絶滅危惧種です。

名前の通り花弁に鹿の子模様の斑点があり、
花が美しいので、昔から観賞用に栽培されてきました。

地域によって自生環境は異なり、九州では海岸近くの岸壁や草地、
四国では内陸の岩壁に下垂するように生育しています。
鹿児島県の甑(こしき)島は、群生地として有名です。

カノコユリはウイルス性の病気に比較的強いため、
野生種のユリとしては育てやすい品種のひとつです。

カノコユリは、鉢植えはできないと解説している本やサイトがありますが、
鉢植えでも、環境を整えればじゅうぶん元気に育てられます。 

 

kanokoyuri (7)
下向きに咲く品種が多いです

 

■カノコユリの外見

カノコユリには変種が多数存在しますが、
主な開花期は7月中旬~8月中旬で、日本に自生するユリの中ではやや遅めです。

茎先で枝分かれをして、数個から十数個の花をつけます。
自由奔放に茎が伸び、いたずらっ子のような感じです。

花びら(花被片)は大きく上に反り返り、花径は10~12cmほどで、
多くは下向きに咲きますが、まれに上向きや横向きに咲くものもあります。
花びらの反り返りの程度は個体差が大きいです。

花色は、縁部分が白で中心部分に行くにつれて紅色になるタイプが多いですが、
濃紅~ピンクや、全く色の付かない白花もあります。
白花には、花粉が赤褐色と黄色があります。

球根の色も赤紫~黄緑色まで色幅がありますが、
赤みの強い球根ほど咲く花の色が濃い傾向があります。

また、色の淡い球根は苦みが少ないため食用になり、
飢饉や戦争の際の救荒食物となったと言われています。

葉は線形で、長さは10~18cmくらいあり、革質で艶があります。
茎はかたく、直立するものも、弧を描くものもあります。

 

kanokoyuri (2)
園芸種の白、育てやすいです

 

■カノコユリの特徴

カノコユリの球根は食用となりますが、
薬用としても、滋養強壮、利尿、咳止め、
解熱、消炎の効能があるとされています。

シーボルトによってヨーロッパに紹介され、
明治~1970年代まで、盛んに輸出されました。

現在では、品種改良の親として利用されており、
ヤマユリなど他の種と掛け合わせて作られた交配種の、
オリエンタル・ハイブリッドは大輪で美しく人気があります。

 

kanokoyuri (10)
芽生え

■カノコユリの変種

・タキユリ
縁が白く、中心部が赤紫色で、
道路際のがけや岩場から
茎を垂れて花を咲かせるのが特徴です。
名前は九州・四国でいう「たき(岩場やがけのこと)」に由来します。

・シロカノコユリ
白花で、花粉は赤褐色の品種です。

・タイワンカノコユリ
台湾と中国に分布し、グロリオソイデスともいいます。
花びらの縁が強く波打っているのが特徴です。
斑点は橙色がかった赤色で、花粉は赤褐色です。

■参考
・カノコユリの育て方

 

タグ :

ユリ 品種

カノコユリの育て方

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


kanokoyuri (8)
野趣がありながら愛らしいユリです

 

カノコユリ(鹿の子百合、学名:Lilium speciosum)は、
日本や中国、台湾に自生する野生種です。

土用百合、七夕百合とも呼ばれ親しまれています。

野生種は栽培しやすいよう改良されているわけではなく、
純粋な園芸種と比較して育てにくいものが多いのですが、
カノコユリは比較的育てやすい品種です。

■栽培ポイント

1.半日陰で育て、夏の西日は避けます
2.球根の約2倍の深さに植え付けます
3.アブラムシと葉枯病が発生しやすいです 

 

yuri20syouhinn300
球根はおがくずに包まれて販売されています

 

■カノコユリの育て方

様々な変種や園芸種のあるカノコユリですが、基本的な作業は一緒です。

・栽培環境
半日陰で、水はけの良い土壌で育てます。

・植え付けと元肥
球根やビニールポットに植え付けられて、
販売されています。

球根を掘り上げた場合は、500倍に薄めたオーソサイド液などに
約30分間浸し殺菌します。

殺菌した球根は、乾かないうちに植え付けます。
球根からは下根が出ていますが、切り取らず、
そのまま植え付けます。

植え付け場所は、あらかじめ1㎡あたり1握り程度の苦土石灰をまいて、
酸度を調整しておきます。

その後、元肥として1㎡あたりバケツ1杯の腐葉土と、
100gの緩効性化成肥料をまき、よく耕します。

球根の約2倍の深さに植え付けたら、たっぷりと水やりをします。

 

kanokoyuri
鉢植えでも、立派に育ちます

 

◎鉢植えの場合
鉢は、大きめで深い鉢を準備します。
1球植えでも5号以上の大きの鉢を選びます。

鉢植えの場合、大きな球根を植え付けると輪数が多くなります。
小さめの球根を選び、1株1輪にすると楚々とした風情を楽しめます。

yuriuetuke-4
素焼き鉢も似合います

 

また、カノコユリは野生種のため、プラスチック鉢よりは、
素焼きや、石鉢などに植え付けると、雰囲気もよく通気も保てます。

鉢底網を敷き、球根を配置したときに、球根の上に球根の高さの
約2倍の用土が入る高さまでゴロ土(日向土大粒)を入れて調整します。

球根から下根が生えている場合は、根をていねいに広げて配置します。
このとき、芽を出したい方向と位置を決めて配置すると、
イメージに近い姿になり趣も楽しめます。

球根を配置したら、用土を鉢縁から3~4cm下まで入れます。

用土は、赤玉土(中)3:赤玉土(小)3:腐葉土4の割合で、
緩効性化成肥料を用土1Lあたり3~5gくらい加えて、
よく混ぜて準備しておきます。

植え付けたら、たっぷり水を与えます。

・水やり
庭植えの場合は、長期間乾燥が続かない限り、
基本的に水やりは必要ありません。

鉢植えでは、土の表面が乾いたら、たっぷり水やりをします。
冬期間でも、球根が乾かない程度に水やりをします。

・追肥
春になり、芽が出たら、緩効性化成肥料を1株あたり10g程度、
株の周囲にばらまきます。
花後もお礼肥として、同様に施します。

鉢植えの場合は、8月の終わりごろから、液体肥料を2週間に1度、
水やりがわりに施します。

・植え替え
カノコユリの植え替えは、10月が適期です。

茎葉が枯れてから、球根を掘り上げます。
ユリの球根は乾燥に弱いため、掘り上げたらすぐに植え替え、
球根を長時間放置して乾燥させたり、日に当てないようにします。

古い茎は捻りながら引っ張ると取れます。
茎を取ったら、球根についている古い用土をきれいに洗い流します。

分球する場合は、手で分けましょう。

上根は茎と共に除きますが、下根は付けたままで植え付けます。
植え付け直後の球根は、養分や水分をまず下根で吸収するため、
健康な下根がついていることが、とても大切なことなんです。

殺菌以下の作業は、植え付けと同様に行います。

 

kanokoyuri (3)
園芸種の白もきれいです

 

◎促成栽培
カノコユリは開花時期が8月上旬と、
一般的なユリと比べて遅いのですが、
促成栽培をする事により、
開花時期を6月頃にする事ができます。

促成栽培では、10月以降に掘り上げた球根を、
5℃で8週間程度低温処理してから植え付けます。

促成栽培の利点としては、本来の開花時期よりも、
気温の低い時期に花を咲かせたほうが、
花の大きさが大きくなり、花色もよくなることです。

■植え付け後の管理

ユリに限らず植物一般に言えることですが、
茎は光の強い方向へ湾曲していくので、
鉢植えの場合は、鉢の置き場や光の当たり具合を加減すると、

例えば、鉢植えなら、鉢を数日おきに回したりします。
すると、ある程度草姿を調整することができます。

まっすぐな草姿も凛とした美しさがありますが、
あえて湾曲させて雰囲気を出したりと、野趣が出て楽しいですね。

カノコユリは芽が出てから5月頃までは
半日陰くらいで日光に当てたいところです。

開花が遅く、花の咲く時期には既に気温が高くなっているため、
梅雨明け以降は西日が当たらないよう、
スダレなどで遮光すると良いでしょう。

 

kanokoyuri (4)
花後は子房の下で手で折り取ります

 

■花後の管理

花が咲き終わった後の花がらは、子房の下から手で折り取ります。
花がらを摘むことにより、種子が結実して養分が取られるのを防ぎます。
また、病気を防ぐ効果もあります。

しかし、鉢植えの場合に、
球根を大きくして花数を増やしたくないときは、
あえて花がらを摘まずタネをつけても良いですね。

 

タグ : 

ユリの育て方

ヒメサユリとは?

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


himesayuri (1)
ヒメサユリ、山形県朝日町

 

ヒメサユリは、別名オトメユリとも言います。

日本の固有種の1つで、
新潟・福島・山形の県境を中心とした山地・丘陵地と、
宮城県のごく限られた地域にのみ自生しています。

近縁のササユリが北に分布域を広げていったとき、
積雪地帯で独自の進化を遂げたものと考えられています。

自生地は標高200m~1500mくらいですが、
平地で栽培すると、ユリの中では最も早い5月上中旬に開花します。

自生地では、標高に応じて5月下旬から、
高山帯では8月が開花期になります。

過去には食用にされていた時期もあったようですが、
現在では生育に適した自生環境が少なくなり、
また乱獲もあって自生は激減しています。
環境省のレッドリストに指定されている絶滅危惧種です。

自生の見られるところでは保護区を設けて、
保護しているところも多いです。

 

himesayuri (2)
淡い香りも良いです

 

■ヒメサユリの外見

ヒメサユリの茎は細く、淡緑色地にピンクの斑点があります。
草丈は30~50cm程度になります。

葉は淡緑色で楕円形または長楕円形で、葉数は20~25枚程度。
茎の中ほどより上部につくのが特徴です。

花は短い筒型で、花径5~6cm程度、花長6~7cm程度の、
薄いピンク色の花を横向きか、やや下向きに咲かせます。
花には斑点がない一方、花色に濃淡があるのが特徴です。

花粉は黄色で、ほのかな香りがあります。

 

■ヒメサユリの特徴

一般的なユリは茎がある程度生長してから花芽がつくられるため、
植えたあとの手入れや場所が悪くて生長が思わしくないと花をつけませんが、

ヒメサユリは前年の夏に蕾がつくられる性質があり、
発芽と同時につぼみを見ることができます。

そのため、発芽すれば確実に開花するという特徴があります。

ヒメサユリの球根は卵形か長卵形で、直径3~4cm程度です。
ほとんど分球することはなく、木子もあまり付きません。

しかし、球根養成栽培が行われているため、
野生種の中では球根の入手は比較的容易です。

ヒメサユリに品種はありませんが、
実生の変異株から得た純白花と濃ピンク花を、
それぞれ”雪白””恋姫”と名づけて販売されています。

>>ヒメサユリの育て方はこちらです

 

タグ :

ユリ 品種

人気の記事