ユリ 育て方

ユリ.net

ユリ 植え替えは?

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


otomeyuri
オトメユリ

 

ほとんどのユリは、植え替えをしてあげると、
元気に育ち、毎年、美しい花を見せてくれます。

■植え替えの時期

一般的に、庭植えは3~6年ごと、鉢植えは毎年植え替えます。
植え替え時期は、9月末~11月中旬で、10月が最適の季節です。

・庭植え
庭植えの3~4年ごと、というのは、その時期が来たら必ず植え替えなければ
ならないというものではなく、何となく昨年より生育や花の付きが悪くなったと思ったら
植え替える程度の意識で良いでしょう。

目安としては、アジアティック・ハイブリッドが3~4年ごと、
オリエンタル・ハイブリッドでは5~6年に一度植え替えます。

・鉢植え
鉢植えは原則として毎年植え替えを行います。
鉢植えの場合は土量が少ないため、1年間栽培すると鉢内が根でいっぱいになったり、
用土が劣化したりして、そのまま栽培しても、1年目ほどはよく育ちません。
そのため、毎年植え替えを行った方が良いのです。

植え替えの時期は、10月が最適です。
葉が黄色く変色してくる頃が目安です。

ただし、夏に枯れてしまう品種は、秋まで待っていると新芽が伸び始めていることが
あるため、10月まで待たず、早めに植え替えを行いましょう。

 

yurikyukon (2)
一回り大きな鉢で植え替えます

 

■植え替えの手順

・球根の堀り上げ
植え替えを行う際は、できるだけ深く掘ります。
ユリは深植えにするため、30cm以上掘り、球根や下根を傷つけないようにします。

・分球
分球は植え替えの際に行います。
球根が完全に分かれているものは、手で割り取ります。
完全に分かれていない場合は、切断面から病気が侵入する場合もあるため、
そのまま植え替えても良いでしょう。

・消毒
球根には球根腐敗病などの病気がついていることがあるので、
必ず消毒しましょう。

まず、球根をよく水で洗い、茎ごと上根を切り取ります。
下根は切り取らずにそのままにしておきます。

次に、チウラム・チオファネートメチル水和剤を200倍に希釈し、
そこに球根を30分間浸けます。

取り出したら、日陰でしばらく乾かしてから、すぐに植え付けます。
ユリの球根は乾燥に弱いので、乾燥しすぎないように気をつけます。

■植え付け方はこちらです
・ユリ栽培 10月|庭植え 球根の植え付け植え替え
・ユリ栽培 10月|鉢植え 球根の植え付け植え替え

 

タグ : 

ユリ 植え替え