ユリ 育て方

ユリ.net

リーガルリリーとは?

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


regal lily

 

リーガルリリーは野生種ですが、1903年に中国の四川省で、
イギリス人のプラントハンター、ウイルソン氏に発見された、
比較的歴史の新しいユリです。

ヨーロッパに持ち込まれて、
オーレリアン・トランペット・ハイブリッドの交配親となりました。

和名はオウカンユリ(王冠百合)といいます。

■リーガルリリーの外見

6月中旬~7月中旬に、
テッポウユリに似た筒状の花を横向きに咲かせます。

典型的なものは白い花弁で、筒の基部が明るい黄色です。
しかし、強い日差しを受けると花色が濃い紫色になります。

花弁の外側は紫褐色を帯びていて、
花柱(雌しべの先端で花粉の付着する部分)は緑で、

大きく3つに分かれています。
葯(雄しべの花粉を入れる袋)と花粉は鮮やかな黄色です。

香りは強い方です。

葉は狭線型で、長さは6~8cm、幅2~3cmで、
互い違いに多数付きます。

葉が細く、たくさん付いているため、切り花よりは
庭での観賞用に栽培されています。

草丈は60~150cmですが、茎はそれほど強くないため、
花数が増えると花房の重さに耐えきれず、弓なりに曲がります。
特に日照不足だと、その傾向が強くなります。

球根は紅紫色でやや幅の広い卵形をしています。
大きさは、直径3.5cm、高さ5cm程度です。

■リーガルリリーの特徴

リーガルリリーは暑さに強いため、
蒸し暑い日本の気候でも、
栽培しやすいユリの一つです。

また、ウイルス病に対する抵抗性が強く、
丈夫で、生育途中での枯死や、球根の腐敗も少ないため、
初心者でも容易に栽培できます。

ただし、長雨が続くと葉枯れが発生しやすくなるため、
梅雨の時期には雨よけをするなど工夫します。

■リーガルリリーの変種

花の内側の基部が黄色に着色するものとそうでないもの、
花びらが丸みを帯びたもの、
筒状花の筒がラッパ状に開いたものと
広がりが少ないものなど、いくつかの変種があります。

なお、つぼみの色が黒っぽいものから薄いものまで、
個体差が大きいですが、どんなにつぼみが黒っぽくても、
内側は白色に咲くのが特徴です。

*花のアップの写真は準備中です、
テッポウユリに似ていますが、もっとかわいらしい雰囲気です。



スポンサードリンク

 

タグ : 

ユリ 品種

人気の記事