ランコンゲンセ

ユリ.net

ランコンゲンセとは?

読了までの目安時間:約 2分

 

スポンサードリンク


Lilium lankongense
ランコンゲンセ  photo by チャーリーブラウン

 

 

ランコンゲンセ(Lilium lankongense)は、
中国雲南省にのみ自生する野生種のユリです。

 

以前はデュカルトレイの色違いの変種とされていましたが、
現在では別の品種とされています。

 

 

■ランコンゲンセの特徴

 

ランコンゲンセはデュカルトレイの変種と思われてきただけあり、
デュカルトレイとよく似ています。

 

デュカルトレイとの相違点は、デュカルトレイは白色地であるのに対し、
ランコンゲンセは花びらがピンク色をしていて花数が多く、
総状花序を形成することです。

 

総状花序とは、柄のある花を花軸に総状につけるものをさします。

 

ランコンゲンセの花は、咲き始めは淡い桃藤色をしていますが、
開花が進むと色が濃くなってくるのが特徴です。

 

花びらには濃赤紫色の斑点があります。
花びらは強く反り返り、直径4~5cmの手毬形の花姿をしています。
開花期は6~7月です。

草丈は50~150cmほどです。
 

>>カサブランカの育て方



スポンサードリンク

 

タグ :

ユリ 品種

人気の記事