プレイタイム

ユリ.net

プレイタイム

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


 

プレイタイム

 

 

ユリといえば、カサブランカのように、
白くて花の大きい豪華なものが人気です。

 

けれど、中には可愛らしさが人気の品種もあるのです。

そのひとつが、プレイタイムという品種です。
プレイタイムの特徴と、育て方のポイントなどをご紹介します。

 

 

■プレイタイムの外見

 

プレイタイムは、カサブランカと同じオリエンタル・ハイブリッドの1種です。
けれど、カサブランカと比べると、花は少し小ぶりです。

 

花が少し小さい分、カサブランカよりも豪華さは欠けますが、
その分可愛らしさがあって、とてもチャーミングです。

 

花弁は少し細めで、外側に反り返ります。
けれど、オニユリほどきつい反り返りではありません。

 

花弁は白色ですが、花弁の中心にラインが入ります。
このラインの流れがとても美しいのです。

 

花の中心から花弁に中腹あたりまでは黄色で、
そこから濃いオレンジ~濃いピンクに変わって、
花弁の先端に流れるようにラインが入ります。

 

筆でなぞったようなラインは、縁がぼやけていてはっきりとはしていません。
このはっきりしない縁のおかげで、ラインには強い印象がなく、
プレイタイムの可愛らしい雰囲気を壊しません。

 

花弁には、濃いピンク~赤紫のスポットが入ります。
ユリの花に入るスポットが毒々しく見えるということもありますが、
プレイタイムの場合はスポットの数が控えめで、毒々しさがほとんど感じられません。
むしろ少女のそばかすのようにも見えます。

 

花が横向きからやや下向きに咲くのは、カサブランカとよく似ていますが、
それ以外の雰囲気はまったく違っていて、とても面白いです。

 

プレイタイムは芳香性の品種ですが、カサブランカほど香りが強くないので、
あまり強い香りがするのは苦手という方にもお勧めです。

 

茎や葉の線がやや細いのですが、
庭植えや鉢植え、切り花としても利用できる強度があります。

 

■プレイタイム栽培のコツ

 

プレイタイムは、見た目が可愛らしく、
庭植えは鉢植えにして育てると、とても見栄えがします。

 

その分、育て方も難しいと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
育て方の基本は、一般のユリと同じです。

 

ただ、カサブランカと同じオリエンタル・ハイブリッドの交配種なので、
強い日差しは禁物です。

 

年間を通して、半日陰の場所で育てるか、春~秋の間は半日陰で育てるようにして、
秋~春は日当たりの良い場所で管理するようにします。

 

特に開花が始まった後は、日当たりの良い場所に置いておくと、
気温も高くなりやすいため、すぐに花が散ってしまいます。

 

美しい花をできるだけ長く楽しみたいというのであれば、
少なくとも開花する直前から散るまでの間は、
涼しい場所に置いておいた方が良いでしょう。

 

午前中のみ日が当たる半日陰や、明るい日陰で育てるのが難しい場合は、
遮光ネットや寒冷紗、よしず、すだれなどを使って、
午後からが日陰になるように工夫してあげるのがお勧めです。

 

■参考
・カサブランカ 鉢植えの植え付け 画像
・カサブランカ 花を咲かせるには?
・カサブランカ 花が終わったら
・テッポウユリ 地植えの植え付け 画像



スポンサードリンク

 

タグ :

ユリ 品種

人気の記事