ユリ 育て方

ユリ.net

ハカタユリとは?

読了までの目安時間:約 2分

 

スポンサードリンク


ハカタユリは中国原産の野生種です。
湖北、湖南、四川、雲南省などの中南部の山岳地帯に自然に育ち、
中国では”野百合”と言われます。

古い時代に日本に伝わり、帰化しました。
帰化したのは、ハカタユリの変種のひとつ、
var. viridulum です。

ハカタユリの名前の由来は、当時大陸との交易の窓口であった
博多を経由して伝わったためだそうです。

以前は東京(江戸)でも、よく見られたのですが、
現在の自生地は、岐阜県や長崎県の一部にわずかに残るだけで、
再度、自然に生えるよう、研究されています。

■ハカタユリの特徴

ハカタユリは、6月中旬~下旬に、
テッポウユリと見分けがつかないほど、そっくりな花を咲かせます。 

開花時には強い香りを放ち、咲き始めはイエローですが、
時間が経つとだんだんと白色に変わっていくのが特徴です。

花は、長さ70~80cmの花茎に2~3輪つきます。
葉は披針形です。

球根は直径4~5cmの白色です。

ハカタユリは梅雨の長雨で葉枯れ病が発生しやすく、
また、球根も腐敗しやすいため、栽培が難しいユリのひとつです。

中国では、花からは香料を取り、球根は食用や薬用に使われています。

■ハカタユリの変種

広東省など南には、
葉が細く、白花の”ブローニー・オウストラレ”
という変種が分布します。



スポンサードリンク

 

タグ : 

ユリ 品種

人気の記事