シベリア

ユリ.net

シベリア

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


シベリア C)はなどんやアソシエ

 

 

ユリにもたくさんの品種や色がありますが、
白いユリはまた特別な気品を持っているように感じます。

 

そんな白いユリの中でも人気なのが、シベリアという品種です。
シベリアというユリには、どのような特徴があるのでしょうか。

 

 

■シベリアの外見

 

白いユリといえば、大輪の花を咲かせるカサブランカが有名です。
大輪で白いユリはすべてカサブランカだと思われることがありますが、
実はそうではありません。

 

カサブランカは、オリエンタル・ハイブリッドと呼ばれる品種群の1つで、
シベリアも同じ品種群に分類されています。

 

どのユリも切り花にすると美しいですが、
シベリアには切り花にするのに最適な特徴をいくつも持っています。

 

まずは、茎の丈夫さです。
太めで硬さのある茎は、しっかりとしているので、
曲がったり折れにくく、花瓶に入れて飾る以外のアレンジメントにも使えます。

 

また、真っ白な花弁で上向きに咲くのが特徴的です。
ユリは横や下向き加減に咲くものが多い中、上向きに咲くユリ品種は、
アレンジしやすく扱いやすいため、非常に人気があります。

 

シベリアは育てるのも容易で、庭植えや鉢植えにして楽しむこともできます。
シベリアやカサブランカなどのオリエンタル・ハイブリッドは、
日当たりの良い場所よりも、半日陰くらいの場所を好みます。

 

その点にさえ注意しておけば、
あとは一般的なユリと同じように栽培することができます。

 

 

 

 

■他のユリとの違い

 

シベリアとよく似た品種に、カサブランカがあります。
他にも、シベリアを親として交配した品種に、アステリアンというユリもあります。

 

どれもよく似ていて、特にシベリアとアステリアンは親子ということもあり、
パッと見ただけでは見分けがつかないことも多いです。

 

カサブランカとは、いくつかの相違点があるので、
それによって見分けることができます。

 

1つは、シベリアの花は上向きなのに対し、
カサブランカの花は横かやや下向きに咲きます。

 

これは最も大きな違いで、蕾の時から見分けられるので、覚えておくと便利です。

 

また、カサブランカの方が蕾も花も大ぶりです。
他にも、シベリアの葉の方がほっそりとしているのに、
茎が少し太くて硬いという違いもあります。



スポンサードリンク

 

タグ :

ユリ 品種

人気の記事