ササユリ 育て方

ユリ.net

ササユリの育て方

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


sasayuri201603

ササユリは、日本に自生しているユリの中でも、栽培難易度が高いです、
その理由は、病気にかかりやすいことと、連作を嫌うことにあります

 

 

また、種やむかごからも育てることができますが、
発芽までに時間がかかるため、花が咲くまでに、4年以上かかります。

 

育て方の基本としては、他のユリと大差ありませんが、
ササユリを育てるためのポイントがいくつかあるので、お伝えします。

 

[ササユリの育て方]

 

 

■栽培環境

 

ササユリは、強い日差しが当たらない日陰が多い場所で自生しています。

 

庭で育てる時も、日当たりの良い場所よりは、
午前中に日があたり、午後から日陰になるような半日陰が適しています。

 

特に夏の暑さが苦手なので、夏の間は風通しが良く、涼しい場所に置きます。
どうしても日向しか場所がない場合は、
遮光ネットなどを設置して、日陰を作ってあげましょう。

 

季節によって移動することもあるので、鉢植えでの栽培がお勧めです。
地植えでの栽培も可能ですが、病気や連作の都合があるため、
地植えでも毎年植え替えが必要となります。

 

 

■土

 

肥沃で水はけと水もちの良い土を好みます。
一般的な培養土でも構いませんし、
小粒の赤玉土7と腐葉土3を混ぜたものに元肥を入れるのがお勧めです。

 

ウィルス病を避けるため、土は古土を再利用したものより、
常に新しいものを使うのが安心です。 

 

 

sasayuri201605

後姿もきれいです

 

 

■水やり、肥料

 

春~秋の生育期の間は、土の表面が乾いたら水を与えます。
地上部が枯れている冬の間は、頻繁に水を与える必要はありません。

 

土が乾いたなと感じたら、与える程度でも良いでしょう。
ただし、完全に乾かしてしまわないように注意します。

 

植え替えを行う時、元肥として、緩効性の肥料を少量混ぜておきます。
生育期間中は、1ヶ月に1回~2回のペースで液体肥料を与えるか、
2ヶ月~3ヶ月おきに緩効性肥料を与えます。

 

いずれにせよ、あまり多肥にする必要はありません。
むしろ多肥にすることで、害虫を寄せやすくしたり、
病気にかかりやすくなるので、少し控えめくらいがちょうど良いです。

 

 

■植え替え

 

ササユリの栽培の最も重要なポイントといえるのが、植え替えです。
ササユリは同じ場所で何年も育てていると、連作障害が出やすい植物です。
地植えであっても鉢植えであっても、毎年必ず植え替えを行うようにします。

 

植え替えのタイミングは、地上部が枯れてくる10月~11月です。
植え替え方や球根の扱い方は、他のユリと同じで構いません。

 

ただ、ササユリの球根は小さいことが多いので、
手荒に扱うとすぐに鱗片がばらばらになってしまいます。
また、植え替えする時に使う土は、必ず新しいものを準備します。

 

鉢植えの場合なら、新しい鉢と新しい土を使うのが理想的です。
もし新しい鉢が用意できない時は、
古い鉢を一度よく洗って消毒しておいた方が安心です。

 

地植えの場合は、毎年まったく違う場所に植え替えるというのは、
スペースの問題もあり難しいでしょう。

 

地植えから地植えに植え替える時は、
15cm~20cmほどずらすような形で植え替えます。
少し移動させるように植え替えることで、スペースの問題も解決しやすいです。

 

 

sasayuri201604

種を採取して予備の株を育てるのも楽しみです

 

 

■病害虫

 

ササユリが育ちにくい原因の1つに、ウィルス性の病気があります。
毎年植え替えを行うのも、植え替えごとに新しい土を使うのも、
病気を予防するためでもあります。

 

ササユリがウィルス性の病気にかかる大きな原因は、アブラムシによる媒介です。
ササユリにもアブラムシがつくことが、多くあります。 

 

アブラムシは吸汁する害虫で、ササユリ以外の植物にもつきます。
もちろん、アブラムシの数が増え、吸汁される量が増えれば、ササユリは弱ります。

 

けれど、数が少なくても、病気を媒介する可能性があるため、
できるだけ予防してあげるようにします。

 

 

■予備株の準備

 

いくら注意して育てていても、どうしても枯れてしまうことはあります。
そんな時のために、予備の株を育てておきましょう。

 

ササユリは、花後に花柄を摘みますが、摘まないと種ができることがあります。
この種を採取して播き、育てることで、予備の株を作ることができます。

 

ただし、ササユリは種から開花までに、4年以上の時間がかかります。
また、開花までの育苗中も、病気の感染や突然枯れる可能性はあります。

 

予備の株は早めに栽培を開始し、多めに育てておくのがポイントです。

■参考

・ササユリ 販売
・カサブランカの育て方

・テッポウユリの育て方

・カノコユリの育て方



スポンサードリンク

 

タグ :

ユリの育て方

人気の記事