カサブランカ 冬越し

ユリ.net

カサブランカ 冬越しの方法

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


Casa Blanca
カサブランカ、上手に冬越しをしてまた開花を楽しみたいですね

 

 

カサブランカは、カノコユリとサクユリなどを、
交配して作られた園芸種で、
径20cm以上になる純白の大輪の花は、
ユリの女王ともいわれています。

 

■カサブランカ 冬越しの方法

1.庭植えのカサブランカの冬越し方法
カサブランカは寒さには強いですが、
乾燥には弱いです。

11月になったら、
冬の乾燥で土や球根が乾いてしまうのを防ぐため、
土の表面を稲わらや腐葉土などで覆います。

 

マルチングにより、
霜柱が立つのを防ぐ効果も期待できます。

冬の間は、乾燥が続くようでしたら、
球根が乾いてしまわないよう、
時々水やりをしてあげましょう。

 

庭植えの場合は、北海道でも冬を越せます。
球根は、地中のある程度深いところにあり、
土の上には腐葉土などが積もっていて保温効果があります。

 

庭植えの場合は地温もあるため、
北海道でもなかなか球根が凍ることはないのです。

 

yurikyukon (2)
鉢植えは植え替えをしてあげます

 

2.鉢植えのカサブランカの冬越し方法
鉢植えのカサブランカは、
冬になる前に毎年植え替えを行います。

1年間栽培すると、土が劣化したり、
鉢の中が根でいっぱいになったりします。

 

花後の10月~11月に植え替えを行います。

カサブランカは寒さには強いとはいえ、
寒冷地では、凍結に注意します。

 

しかし、鉢は土が限られているため、
気温の影響を受けやすくなります。

 

それでは屋内で育てた方がいいのかと言いますと、
ユリの花は低温に合わないとうまく開花しないため、
寒さにさらす必要があります。

 

◎鉢植えの防寒対策
お勧めなのは、二重鉢にしたり、
鉢ごと土に埋めてしまったりする方法です。

 

二重鉢とは、文字通り鉢を二重にする事です。

まず、ユリを植え付けている鉢より、
二回りほど大きい鉢を準備し、底に赤玉土を敷きます。

 

そこにユリを植え付けている鉢を入れ、
隙間も赤玉土で埋めます。

鉢の表面を腐葉土などで厚く覆って、防寒します。

 

鉢ごと土に埋めてしまう方法は、埋める事により
庭植えと同じような状態にし、保温するという理屈です。

 

鉢は、縁までしっかりと埋め、やはり表面を
腐葉土などで厚く覆うと安心です。

 

また、発泡スチロールの箱に入れたり、
プチプチなど梱包材で鉢を巻くのも効果的です。

 

■参考
・カサブランカ 鉢植えの植え付け 画像
・カサブランカ 花を咲かせるには?
・カサブランカ 花が終わったら
・テッポウユリの育て方
・テッポウユリ 地植えの植え付け 画像



スポンサードリンク

 

タグ : 

カサブランカの育て方

人気の記事